お知らせNEWS

【コラム】ウサギの不正咬合について

2022.04.10お知らせ

<概要>

ウサギさんは重歯目に属している動物で、歯が伸び続けます。

そのため、草を主とした食事により歯をすり合わせて伸びすぎないようにしています。

 

<病態>

ウサギさんは基本的には草を好んで食べてくれますが、おやつなどを多くあげていると草をあまり食べなくなってしまいます。

また、金属のような硬いものを噛んでしまう子は歯の噛み合わせが悪くなり歯が伸びすぎてしまいます。

 

<症状>

症状の多くは、伸びてしまった歯によって、口の中を傷つけてしまうことによる痛みや違和感などに伴う食欲の低下です。

 

<診断>

基本的には口の中を奥までしっかりと観察することで診断が可能です。

しかし、目に見えている歯の問題だけでなく、歯肉に隠れた歯(歯の根っこ)の問題であることもあるため、その場合はレントゲンにて診断を行います。

 

<治療>

薬などでは対処できないため、定期的にヤスリやカッターなどで歯を切る処置を行います。

また、臼歯(奥歯)の場合は無麻酔で切ることができる場合もありますが、麻酔をかけて処置しなければいけないこともあります。

BACK

病院へ電話 LINEで予約