お知らせNEWS

【コラム】ハリネズミの消化器疾患(下痢)について

2022.04.12お知らせ

<概要・病態>

ハリネズミは盲腸がなく比較的単純な構造の消化器を持ち、嘔吐することもあります。

糞便の硬さは通常でも柔らかいが形はある程度です。

様々な疾患、ストレス、食餌の問題により細菌性胃腸炎が起こることがあります。

また、高齢では消化管腫瘍(特にリンパ腫)により下痢や血便が起こることがあります。

車酔いにより嘔吐が見られることもあります。

 

<症状>

軟便から下痢、水様便、血便が見られます。

また、採食量の低下などにより緑色便が見られることもあります。

食欲低下や活動性低下などのみ見られることもあります。

 

<診断>

糞便検査により内部寄生虫や細菌の観察を行います。

また出血がみらる場合には、レントゲン検査や超音波検査により消化管疾患、泌尿器疾患、 生殖器疾患の鑑別が必要となります。

 

<治療>

細菌性胃腸炎の場合には抗生剤や消化器薬の投与を行います。

脱水がある場合には皮下補液を行います。

食事はふやかしたフードなどにしてあげ、食欲低下がある場合には強制給餌を行います。

BACK

病院へ電話 LINEで予約